東京湾船釣り釣行記

カワハギ・マルイカ・タチウオ・シロギス・メバルなど東京湾の船釣り釣行記と釣魚料理

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南房総イサキ釣り

スポンサードリンク


南房総相浜の安田丸さんのイサキ釣りに行ってきました。梅雨イサキというだけあってこれからが旬のイサキ釣り。とりわけ南房総のイサキ釣りは連日爆釣でお土産は確実のようなので行ってみました。
安田丸さんには以前、暮れに夜キンメで一度行ったことがあります。
イサキ釣りは早朝便と午後便の2便体制で、早朝は5時出船・午後便は1時出船の様子。午後便ならゆっくり家を出ればいいのですが、木更津にできたアウトレットのお陰でアクアラインが渋滞すると嫌なので午前便を予約しました。
午前5時出船ということは4時半には南房総に到着。逆算すると2時半頃家を出ることになり、2時には起床しなければなりません。行きはつらいけど、帰りの渋滞もあまりなさそうだし、やはり午前便がベストかな?
行きは当然渋滞なく順調に到着。港から少し離れたお店(民宿もやっている)の前にある席札を取り、坂を下って港に行きます。車は船の目の前に駐車できるので重い荷物があっても楽チンです。下の写真が南房総相浜港で、左側に車が停められます。タックルは60号負荷の竿にPE4号を巻いた電動リールを持って行きました。南房総相浜港
アミコマセと針に付けるバイオベイトが配られ(すでにカットしてありました)、定刻の5時に出船。
布良沖

港を出てから僅か10分ほどでスローダウン。早くも釣り開始の合図でいっせいに投入。サニービシFL60号にアミコマセを8分目ほど詰め、全長3メートルの3本針仕掛けにはバイオベイトを装着。
最初ポイントは指示棚わずか8メートル。指示タナ+仕掛け全長の11メートルまで落とし、コマセを振りながらタナまで仕掛けを持って行くと、早速アタリが到来!!開始からわずか30分もたたないうちに下写真の通り。小型主体ながらメジナまじりでまさに順調。
千葉イサキ釣り
しかし・・・しばらくするとアタリは遠のき、ポイント移動の繰り返し。時折ポツリポツリと釣れる程度。タナは場所により大体13メートル~25メートルの間です。
収竿1時間前あたりからやや状況が上向き、型もだんだんと良くなり、なんとかお土産は確保し11時半に沖揚がり。連日クーラー満タンのようですが、今日は苦戦。それでもイサキ25匹+メジナ3匹ほど釣れ十分な釣果だと思います。
釣ったイサキは刺身、塩焼き、干物にして食べ、まだ小さいですが真子と白子も入っていました。これからが本番のイサキ釣りで真子・白子も大きくなるので最盛期にぜひ行ってみたいですね。
南房総イサキ釣り


スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

東京湾口剣崎沖のワラサ釣り

スポンサードリンク



東京湾の晩夏~秋といえばなんといってもワラサ!!今年のワラサは開幕が少々遅れた代わりにサイズがよく、脂の乗りも抜群らしい。
その強烈な青物引きを味わいたくて久里浜平作丸さんにお邪魔しました。
久里浜港平作丸
はじめての船宿でしたが、東京湾フェリーの発着する久里浜港なので迷うことなく到着。
コマセ&付けエサはオキアミです。
ワラサのオキアミコマセ
午前7時前に岸払い、港の入り口で待機。7時ちょうどに全船一斉に釣り場の剣崎沖に向け出港!!
20分ほどでポイントに到着すると、すでに剣崎港の船が大船団を形成。圧巻!!
剣崎沖ワラサ船団
ワラサ釣りは朝一が一番のチャンスなので気合が入る。
棚は水面からの指示で35メートルほど。
しかし・・・コマセを撒けど撒けどアタリなし。
しばらくして船中何本か取り込まれましたが、自分のロッドには変化なし。
そうこうしているうちにチャンスタイムはあえなく終了。長い沈黙に入ります。
結局そのまま沖揚がりの2時半までアタリすらなく完敗。肩を落として帰路へ。
別船ではトップ10本以上でオデコなしなんて船も結構あったのに・・・・





テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

マルイカのバターしょうゆスパゲティ

スポンサードリンク


マルイカ2品目の料理はパスタ。
テレビ東京「ザ・フィッシング」の番組内で水野裕子が作っていたバター醤油スパゲティを真似してみました。
ザ・フィッシングの番組内では、ヤリイカを使っていましたが今回はマルイカを使って挑戦。

作り方はいたって簡単です。
マルイカのパスタ

材料(二人前)

オリーブオイル 大さじ3杯・ニンニク 2片・鷹の爪・しめじ・バター・醤油・こしょう・きざみ海苔・パスタ 200g・マルイカ1杯

マルイカのバター醤油スパゲティ レシピ

1、たっぷりの水を沸騰させ、パスタを茹でる。

2、パスタを茹でている間に、熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、みじん切りにしたニンニクと鷹の爪(お好みの量)を炒める。

3、ニンニクに色が付いてきたらパスタの茹で汁を加え、しめじと筒状に切ったマルイカの身と足を入れさらに炒める。※イカは炒めすぎると硬くなるので注意。

4、イカに火が通ったらバターと醤油、こしょうを加え味を調えます。

5、そこに茹で上がったパスタを入れ、よく混ぜて完成。お皿に盛り、上にきざみ海苔や白髪ねぎをお好みでのせていただきます。

各材料の分量は適当で大丈夫です。よほどのことをしない限り美味しく出来上がります。
また、和風の味付けなのでパスタをあまり食べない年配の方にもおすすめです。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。