FC2ブログ

東京湾船釣り釣行記

カワハギ・マルイカ・タチウオ・シロギス・メバルなど東京湾の船釣り釣行記と釣魚料理

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣行記「ヤリイカ釣り」2006年11月23日

スポンサードリンク



久しぶりのエサ釣りタチウオの釣行を予定していましたが、ここ数日は釣果が期待できない様子だったので釣り物を変更することに。
釣果にムラのあるタチウオは、ある日突然爆釣する可能性も秘めているので未練もありましたが、羽田の船宿「かみや」さんのホームページを覗いてみると、予約制で一日限定ヤリイカ釣りを企画していて、しかもガラ空きらしいのでそちらに参加することに決定。
しかもヤリイカ乗合いを出している他の船宿のホームページをチェックすると前日90杯以上釣果を上げた船もあったので期待が持てます。
午前6時に羽田に到着すると案の定ヤリイカ船には3本竿が立ててあるだけ。空いているので隣との間隔を広く取ってタックルのセッティングを開始し、大型船に5名でゆったりと出船。この人数なら潮が速くてもオマツリの心配はまず無いので安心です。イカ釣りの仕掛けは全長が長く、針数が多いのでオマツリすると非常に厄介なので。

ヤリイカ釣りタックル


午前7時に出船し、多摩川から東京湾に出たあたりから予報どおり海は時化模様。
1時間半かけて釣り場の東京湾口「洲ノ崎沖」に到着するとこちらはさらに海が悪く、ヤリイカの反応を探して旋回しているだけでも飛沫が飛んでくる始末です。
しばらくして船長から開始の合図が出て、仕掛けを投入。水深が120メートルで海底から20メートルまで探るよう指示が出ます。
基本通り着底後、糸ふけを取って、海底から探ります。スーっと頭上まで竿を上げ、数秒待ち、竿を下ろしながら上げた分だけリールを巻き、また頭上まで竿を上げるのを繰り返して指示ダナに仕掛けを通過させますが、アタリは無し。
再度落とし込み、同じ動作を繰り返しているとずっしりとした重みが竿に伝わってきました。電動リールを中速にして慎重に巻き上げるとあがってきたのはスルメイカ。本命のヤリイカではないものの一投目からイカ様の顔が拝め、幸先の良いスタートです。
その後何回か空振りした後、落とし込みで本命ヤリイカの2点掛け、着底後のひとシャクリで3点掛け、さらに落とし込みで2点掛け・・・・と中型主体で連発。このままの調子で行けば20~30杯は夢ではないかも。
しかし、そうは行かないのがヤリイカ釣りです。とたんに乗りが悪くなり、しかも強風・高波のため微妙な乗りが察知できず、ヤリイカ数杯とチカメキントキを追加したのみで午後に。
午後からは洲ノ崎沖の船団を離れ、15分かけて剣崎沖へ移動。移動後はサバに邪魔されたり、ツノに身切れした跡が残ってただけで、一杯も追加できず、おまけに雨も降り出して寒さも厳しくなり、ついに終了時間。
結局釣果はヤリイカ10杯、スルメイカ1杯、チカメキントキ1匹とサバを2匹キープ。前半の多点掛けが効いたらしく、なんと私が竿頭でした。(ヤリイカ釣りでは初めの竿頭)
ちなみにチカメキントキという魚は見るのも釣るのも初めてでしたが、煮付けにして食べたら予想外に大変美味でした。(あまり期待していなかったため余計美味しく感じたのかもしれませんが・・・)

東京湾ヤリイカ釣り


下の写真がチカメキントキ
東京湾チカメキントキ


天気:曇りのち雨

潮回り:中潮



タックル
ロッドダイワ アナリスターヤリイカ210
リールシマノ 電動丸3000H
道糸PEライン4号300メートル
仕掛け自作 幹糸5号・枝ス4号・枝間1,3メートル 7本針
釣 果
ヤリイカ10杯、スルメイカ1杯、サバ2匹、チカメキントキ1匹

スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

釣行記「ヤリイカ釣り」2006年3月21日

スポンサードリンク



前回の釣行からあまり間を開けないほうが微妙な乗りの感覚が掴みやすいのではないかと思い、再びヤリイカ釣りに決定。今回お世話になる船宿は川崎の「中山丸」です。ここは初めて行く船宿で、去年大型新造船を就航したらしいので、見物を兼ねて行ってきました。
午前5時半に到着。桟橋の入り口に先客のクーラーボックスが置いてあったので、とりあえず自分のも置いて、車中で仮眠。6時前になりようやく桟橋の鍵が開いたので、右舷トモから2番目に釣り座を確保。さすが新造船、綺麗で広々としています。
釣り船


祝日のわりに釣り客はさほど多くなく、総勢8名を乗せ定刻の午前7時に出船。大型船に片舷4名の釣り人なのでオマツリの心配はなさそうです。
午前8時半にようやく洲崎沖に到着。反応はすぐに見つかり、投入の合図がでます。いままで5本ツノの仕掛けしか使ったことが無かったけど、今回からウキスッテを1本加えた6本ツノ仕掛けを使用することに。最初の流しは2名くらいしかイカが乗らなかった様子で、もちろん私は空振り。数回目の流しでオモリ着底後、糸フケを取ったとき待望のアタリが到来。電動リールのレバーを中速にして慎重に巻き上げると、なかなか良い引きをするので良型かと思いましたが、あがって来たのは中型のヤリイカ2杯でした。以後、先着数名しか乗らない流しと空振りが続き、私も何とかスルメ・ヤリイカ交えて数杯ゲット。午後になって良い反応にあたり、全員乗る流しが数回ありましたが一瞬にして終わり。海も時化てきたので少し早めに納竿しました。釣果は前回より下回り、ヤリイカ5杯、スルメイカ4杯。今日はうねりがあったので、いつもよりヤリイカの乗りが分かりにくかった。

本日学んだ事

イカ釣りは素早い投入が重要。大型新造船に乗ってしまうと、古くて小さい船には乗りたくなくなる。
釣り船


テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

釣行記「ヤリイカ釣り」2006年3月5日

スポンサードリンク



今年はヤリイカが好調なので、イカ釣りの経験が乏しい私なんかにもそこそこ釣れるんじゃないかと思い釣行。
船宿は羽田の「かみや」さんに決め、朝5時15分に羽田に到着。出船まで1時間半以上もあるにもかかわらず、イカ船にはすでに8名ほど先客が。当然四隅は埋まっているので、仕方なく左舷のトモ(後ろ)から3番目を確保して準備開始。イカ釣り初心者の私は、トラブルを避けるためシンプルな11センチプラヅノの5本仕掛けを選択、投入器にセットして出船を待ちます。

イカ釣り


定刻の午前7時に総勢20名弱の釣り客を乗せ、いざ出船。この人数だとオマツリが少々心配です。当日の釣り場となる東京湾口の洲崎まで1時間半の行程なのでキャビンで仮眠を取ることにしました。船が大きいのでキャビンも広く、枕まで用意してあるので気持ちよく睡眠。
船がスローダウンして、イカの反応を探し始めたのでキャビンから出て、いつでも仕掛けを投入できるようオモリを右手に持って待機。しばらくしてイカの反応が見つかり、投入の合図が出たので素早くオモリを投げ入れます。水深は120メートル。着底する前に仕掛けが止められたので、中速で巻き上げてみると、スルメイカが2杯かかっていました。本命ヤリイカではなかったけど、取り合えずお土産が確保できたのでひと安心。早速捌いてロープに吊るし、沖干しを作りに取り掛かります。
イカ釣り


その後、空振りの流しが続き、ようやくベタ底でヤリイカの乗りらしき微妙な感触が。半信半疑で巻き上げると、ピンクのツノに小型ですが本命のヤリイカが1杯掛かっていました。小型ヤリイカ1点掛けの乗りは非常に微妙で、よほど注意を払っていないと見逃してしまいます。その後しばらくは先着2~3名の人しか釣れない流しが続き、私も何とか数杯ゲット。午前11時ごろまでにスルメイカを含め7杯の釣果です。そしてこの後、本日一番の好反応に遭遇、ひと流し2,3回投入できる流しもあり、中型ヤリイカを順調に追加。
しかし、お昼を回るとサッパリ釣れなくなり、反応を求めて長いクルージングに入ります。結局午後から納竿時までに1杯追加しただけで終了。釣果はスルメイカ2杯のヤリイカ12杯です。今日は人数のわりにオマツリが少なく、しかもサバの邪魔はまったく入らなかったのが幸運でした。大漁とはいきませんでしたが、食べるにはちょうどいい数のイカが釣れ、まずまずの一日でした。次回は小型ヤリイカの微妙な乗りをキャッチすることを課題とし、ツノ数をもう少し増やして挑戦です。

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。