FC2ブログ

東京湾船釣り釣行記

カワハギ・マルイカ・タチウオ・シロギス・メバルなど東京湾の船釣り釣行記と釣魚料理

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビシアジ釣り 2007年12月16日

スポンサードリンク



東京湾観音崎沖のビシアジに釣行。最近、30号~40号のビシを使うライトタックルアジ(LTアジ)には年に数回釣行していますが、130号のアンドンビシを使う通常のビシアジは久々です。
深い水深で釣るアジ釣りは重いビシに電動リールを使う分、ライトアジに比べて釣趣は劣りますが型が良いのが魅力です。
今回は東京湾最大級の船宿のひとつ浦安吉野屋から出船。大型船に8名ほどの乗客を乗せ午前7時に港を出港し、約1時間20分ほどでポイントの観音崎沖に到着。

ビシアジ釣り


周囲にはすでにアジ釣りの船が集まっていて、少しはなれたところには冬の本格シーズンを迎えたタチウオ船団が大集結。釣り場の水深は80メートルでタナは底から2~3メートル。
ビシにイワシミンチを詰め、付けエサはイカタンとアオイソメを2本針にそれぞれ付けて仕掛けを投入。
海中でコマセを撒き、2投目で僅かなアタリ。電動リールを中速で巻き上げると20センチ弱の小型がかかっていてとりあえず1匹目ゲット。でも、このサイズのアジなら中の瀬あたりでライトタックルで釣れるので型にはチョッと不満ですが、そのうち中型以上のアジも釣れるでしょう・・・
以後まずまずの釣れ方でアジがあがってきて、型もだんだん良くなってきました。
午前11時ごろにようやく入れ食いに近い状態になり、ダブル・トリプル交じりで順調。
ときおりサバも交じり、引きを堪能しているうちにあっと言う間にアジの喰いが落ち着いてしまい、午後になってからはサッパリ。サバすら釣れず納竿の時間がきてしまいました。
結局釣果は中型主体でアジ27匹。サバ6本(2本持ち帰り)。
釣ったアジは数匹刺身にして食べ、残りは干物にしましたが、ほどよく脂が乗っていて美味でした。

アジの干物

スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

ライトタックルアジ(LTアジ)2007年8月15日

スポンサードリンク



東京湾ライトタックルアジLTアジ)釣りに久しぶりに挑戦。今年絶好調のタチウオのライトタックルエサ釣り(LTタチウオ)とどちらにしようか悩みましたが、先日ルアーで釣ったタチウオがまだ冷凍保存してあること。涼しい午前中の半日釣りが可能なこと。今日でお盆休みが終わり、明日は仕事であること。以上の理由でライトタックルアジLTアジ)に決定。
東京湾奥の釣り船店ではめずらしい半日釣りが可能な川崎の「つり幸」さんから出船することにしました。出船1時間前に船宿に到着し、準備にかかりますが朝から猛烈な暑さです。
午前ライトタックルアジ乗合いの出船は6時50分で、約30分で釣り場の中の瀬に到着。
水深は20メートル。40号のビシにコマセを詰めて投入。海底から1メートルでコマセを撒いてアジを寄せます。開始から10分でライトタックル特有の軽快なアタリが到来。17センチほどの鯵でしたが、幸先の良い滑り出し。今日は大漁か・・・と思ったら、それ以降まったくアジのアタリなし。釣れるのはサバ、シロギス、メゴチなど多彩な外道ばかりで、肝心のアジが釣れません。
何度かポイントを移動してもアジはたまに釣れるだけで、時間ばかり過ぎていきます。終了1時間前になりようやくポツリポツリと釣れだしましたが、入れ喰いにはほど遠い釣れ方で11時半についに終了。
釣果はアジ(15~22センチ)11匹、ほかゴマサバ、シロギス、メゴチ。とてつもなく暑い上に貧果とは・・・ちなみに昨日のLTアジの釣果は午前より午後のほうが好調だったようです。

ライトタックルアジ

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

釣行記「ライトアジ」2006年11月3日

スポンサードリンク



数年前に東京湾ライトタックルアジ(通称ライトアジ)が始まって以来、夏から晩秋にかけて必ず数回は釣行していましたが、今年の夏はどういう訳かサッパリ釣れていないため今シーズン初めての釣行。
早くもライトタックルアジ乗合いを終了してしまった船宿もあるくらい夏場はひどい状況でしたが、今頃になってようやく釣れだし、ここ数日はトップ100匹オーバーと本格化。そんな訳で順調に釣れてるうちに早速釣行。
羽田から出船し、ライトタックルアジ釣り場の東京湾中央部「中の瀬」まで30分少々の航程。
タックル以外は通常のビシアジと同じなのでコマセにイワシミンチ、付けエサには食紅で染めたイカタンが配られます。

ライトタックルアジコマセ


釣り場に着くと辺りはブランド魚「松輪のサバ」漁船がビッシリ。それに混ざって釣り船がポツポツといった感じ。
(下写真は松輪のサバ漁船)
松輪サバ船団


サバ船団から少し離れたところでアンカーを降ろし、実釣開始。
水深は30メートル弱。潮が速く、ライトタックル用の30号のビシでは流されて釣り難い状況ですが、船長の指示通り着底後1メートル巻いてコマセを振り、さらに50センチ巻いてアタリを待ちます。
今日は祝日なのでそこそこ人が乗っているためコマセも効き、すぐにアジが寄ってくるだろうと思い、一生懸命コマセを振り続けますが、一向にアタリの気配なし。
この時点で1束(100匹)突破の大漁の可能性は限りなくゼロに・・・
開始から1時間ほどしてようやく16cmほどの小型ですが1匹目を釣り上げ、オデコ脱出。その後、10時過ぎまで全く釣れない厳しい状況でポイント移動。
移動後一投目、海底から1メートル30センチのタナでアタリが到来し、またも小型ですが久しぶりに黄金に輝くアジとご対面。
その後待望の入れ喰いタイムに突入し、タナさえ守ればすぐにアタリが訪れ、一荷を交えて順調に数を増やします。釣れるアジは相変わらずカラ揚げサイズで引き味は物足りないですが、変わりに時折訪れるサバで強い引きを楽しめました。
そんな楽しい入れ喰いタイムもあっという間に終了し、またしても小康状態に突入。たまにポツポツと釣れる程度でポイント移動しても上向く気配は無く終了時間。
結果は17センチ前後のアジ33匹、40センチのサバ4匹と何とかおかずは確保しましたが、前日までの釣果からするとかなり渋い一日でした。

東京湾アジ


天気:晴れ

潮回り:中潮



タックル
ロッドダイワ リーディングXA73Ⅱ
リールダイワ ラシード150L
道糸PEライン1号+先糸フロロカーボン5号1メートル
釣 果
アジ33匹、サバ4匹

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。