FC2ブログ

東京湾船釣り釣行記

カワハギ・マルイカ・タチウオ・シロギス・メバルなど東京湾の船釣り釣行記と釣魚料理

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣行記「ルアータチウオ」2006年7月30日

スポンサードリンク



ルアータチウオ


毎年楽しみにしているルアータチウオ釣行。最近、日により釣果にムラがあるものの、前日はどこ釣り船もトップで20本前後あがっていた様子。
しかし、タチウオ釣り釣行日が1日違うだけで釣果が大きく異なることもよくあるので釣り場に行ってみるまでは分かりません。
今回船宿は神奈川県川崎市の「つり幸本家」さんにお世話になりました。左舷前方に釣り座を確保し、準備開始。常連のお客さんに話を伺うと最近はタナはわずか5~15メートルの超浅ダナで釣れているとのこと。使うルアーも通常のタチウオ用のメタルジグ(80g~100g)では喰いが悪く、シーバスに使う40g~60gの軽いルアーが良いらしい。
大型船に超満員のルアータチウオファンを乗せ午前6時20分、千葉県金谷沖に向け出船。川崎から1時間15分ほどで釣り場到着。しばらくして反応を見つけて釣り開始の合図が出ます。前方に軽く投げて水深15メートルから水面まで探るように指示が出たので、とりあえず60g赤金のルアーを付け軽くキャスト。アクションを加えながら巻くが、まったくアタリ無し。何回か移動しても誰も釣れる様子は無いようなので、前日とは模様が一変してしまったのかも知れません。ようやく10時ごろ前方のお客さんが船中1本目をGETし、しばらくして自分の釣り竿にも待望のアタリが到来。が・・・上がってきたのは残念ながら良型のフグでした。その直後、またしてもアタリ。ガッチリフッキングさせ、久々のタチウオの引きを味わいながらリーリング。上がってきたのは90センチのタチウオです。オデコ脱出で喜んでいると、またまたHITしましたが、今度は痛恨のバラシ。良型を連想させる引きだっただけに非常に惜しい思いをしました。ようやく活性が上がってきたのかと思いきや、以後アタリはパッタリと無くなって午後に突入。
ここ最近は昼ごろから状況が上向くことが多かったそうなので期待しますが、昼になってもまったく上向く気配が感じられません。そして、午後1時半にようやく船中パラパラ釣れ出し、自分もなんとか小型のタチウオを3本釣ります。しかし、ようやく上向いた活性も長続きせずまたもや沈黙状態に。終了間際、ほとんどの釣り人の竿が同時に曲がり、船内一気にサバラッシュ。かなり大型のサバなので強烈な引きが味わえましたが、これも一瞬にして終わってしまいました。イカ釣りなんかでは邪魔者のサバですが、今日みたいな状況では逆にありがたい存在です。結局タチウオ4本、大サバ1本で本日は終了。オデコの人もかなりいたようで、トップの人でも8本とかなり厳しい1日でした。

ルアータチウオ


スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

釣行記「スルメイカ釣り」2006年7月9日

スポンサードリンク



スルメイカの電動直結釣法にチャレンジしてみたくて、だいぶ前に釣具店で竿を購入、数ヶ月経ってようやく試す時がやってきました。
購入した電動直結竿を持って今回向かうのは、東京羽田の船宿「かみや」さんです。車を多摩川の土手に停め、まずは釣り座を確保するため船に向かい、右舷の後ろから2番目に荷物を置いて出船を待ちます。

イカ釣り


午前7時出船。向かう釣り場は千葉県富浦沖で、到着までキャビンで仮眠を取ることにします。ベタ凪の東京湾を南下し、釣り場に到着するとすでに船団が形成されており、中には沖干しを並べている釣り船も。すぐに開始の合図が出て、期待に胸を膨らませ第1投目。
スルメイカのタナの下まで仕掛けが到達したら、電動リールのレバーを中速にして自動で巻き上げつつ、1メートル巻くごとにシャクリを入れてタナを通過させます。初めての電動直結釣法なので動作がぎこちないけど、何とかそれらしくシャクリ続けます。しかし空振り。次の流しで何名か乗ったようですが、自分は空振り。
何回目かの流しでシャクリを開始したとたん、ズッシリとした重みを感じました。電動直結釣法は、取り込み時に仕掛けを弛ませてしまうと簡単にバラしてしまうらしいので慎重に取り込みます。本日初また電動直結釣法初の獲物はスルメイカの2点掛けでした。
その後、反応が消滅したらしく船団もバラバラに散り、空振りの連発。午後になってもそんな状況は続き、釣れたスルメイカはいまだ2杯のみと寂しいかぎりです。
船長はシビレをきらしたのか、単身で剣崎沖へ移動してみるものの、なかなか反応に遭遇できず止まれません。この時すでに納竿1時間半前。移動は失敗かと思った時、ようやく好反応に遭遇し、久々の乗りがやってきました。
しかも巻き上げ中、どんどん重みが増してきます。慎重に取り込むと6点掛けです。これが噂に聞く電動直結の醍醐味なんですね。その後は空振りの流しもありましたが、再び大きな群れに遭遇。気が付けば他の釣り船も集まって船団が形成され、相当な数の船で一斉にスルメイカの群れを追いかけて、一気に盛り上がってきました。

イカ釣り


最後の1時間弱で7杯ほど追加して納竿を迎えます。結局釣果は15杯で、なんとかお土産確保。しかし、最後の盛り上がりなければ悲惨な結末になるところでした。
今回初挑戦だったスルメイカの「電動直結釣法」は噂通り多点掛けが魅力ですね。また、「電動直結釣法」のメリットであるサバ避けの効果も絶大です。(隣の人はブランコ仕掛けでかなりサバに邪魔されている様子でした)また近いうちに釣行を予定したいと思います。

イカ釣り

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。