東京湾船釣り釣行記

カワハギ・マルイカ・タチウオ・シロギス・メバルなど東京湾の船釣り釣行記と釣魚料理

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣行記「カワハギ釣り」2006年10月1日

スポンサードリンク



カワハギ釣り東京湾の各船宿で開幕しましたが、ライトタックルアジ(通称ライトアジ)も今シーズンまだ一回も行っていないのでどっちにしようか悩みに悩んだ末、結局今日はカワハギ釣りにすることに。
カワハギ釣りにした理由は2つ。1つは、例年なら今の時期連日好釣果の東京湾「中の瀬」の脂ノリノリのアジが釣れていない事。もう1つは今日から連日雨予報のため天日干しの干物作りができない事です。
「羽田かみや」では昨日からカワハギ乗合がはじまり、初日からいきなり35センチの特大カワハギが釣れたらしい。シ-ズン当初は良型の出現率が意外と高いらしいので期待してしまいます。
カワハギ釣りの定番、アサリの殻剥きのため出船時刻の1時間半前の午前6時に羽田に到着。釣り座を確保してから早速桟橋でアサリの殻剥き開始。船宿にアサリ剥きとザルが用意してあるので持参する必要はありません。

カワハギ釣りアサリ剥き身えさ


午前7時30分、カワハギ釣りでは定番の釣り場千葉県竹岡沖に向け東京湾を南下。約1時間で釣り場に到着し、実釣開始。水深は12メートル。
今日のアサリは小さめなので針も小さめの丸セイゴタイプを選択。基本通り水管→ベロと針を通し、針先はアサリのワタの中に。仕掛けを投入し、道糸を張る・緩めるを繰り返す軽いタタキ釣り(とういか軽い弛ませ?)で様子を見ることにしました。
開始から10分で待望のアタリが到来し、小型ですが一枚目確保。その後頻繁にアタリが訪れ開始から30分で4枚GETと順調そのもの。どれも小型の俗に言うワッペンサイズのカワハギですが、浅場のため最後まで引き、久々にカワハギ特有の引き味を堪能できました。深場のカワハギは釣り上げると急激な水圧の変化のためすぐに弱ってしまいますが、浅場のカワハギは桶の中で元気に泳いでいます。
この調子で行けば10枚は楽勝かと思ってましたが、そんなに甘くないのがカワハギ釣りです。エサ取り名人の異名を持つだけにいつの間にかエサがなくなっている状況が続き、何とか午前中に7枚釣り、水深28メートルの深場に移動。深場ではエサ取りのベラ&トラギスのラッシュ。タタキ・弛ませなどあの手この手を試してみても一向にカワハギは釣れません。そんな状況の中、ようやくワッペンサイズのカワハギとは明らかに違う引きで上がってきたのは23センチの良型。終了間際にもう一枚同サイズを釣り、午後3時納竿。結局合計9枚で、小型7枚・まともなサイズが2枚と期待したサイズのカワハギは釣れず、しかもほぼ一日中雨が降り少々つらい一日になりました。(雨は夕方から降る予報でしたが・・・)

カワハギ釣り


下写真は今日の一番大きいカワハギです。キモもそこそこ。

カワハギ釣り東京湾


天気:曇りのち雨・凪

潮回り:長潮



タックル
ロッドダイワ アナリスターカワハギ180
リールダイワ ラシード150L
道糸PEライン1号
釣 果
カワハギ9匹。外道 カサゴ・シロギス・ベラ・トラギス・メゴチなど(リリース)。

スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。