東京湾船釣り釣行記

カワハギ・マルイカ・タチウオ・シロギス・メバルなど東京湾の船釣り釣行記と釣魚料理

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣行記「スルメイカ釣り」2007年3月18日

スポンサードリンク



東京湾口のイカ釣りスルメイカを主体にヤリイカが1~2割混じりでここ数日好釣果が出ている様子。
イカ釣りは日によって釣果に波のある釣り物なので過度な期待せずに船宿に向かいます。釣り場の洲崎沖では17メートルの強風が吹き荒れていて出船も微妙な状況でしたが、のちに凪る予報らしく出船決定。
今日は電動直結仕掛けブランコ仕掛けの両方用意してきましたが、間違いなく海が荒れているのでバラシの少ないブランコ仕掛けを投入器にセットして午前7時出船。約1時間半で洲崎沖に到着。予想通り船酔いしそうな高波です。
うねりのため、船長もイカの反応を探すのも一苦労かとおもいきや、すぐに仕掛け投入の合図が出ました。
水深約100メートル。オモリ着底後、糸ふけを取り、ひとシャクリ目でいきなりズッシリとした重みが竿に伝わり、慎重に巻き上げるとニセイカ(中型のスルメイカ)が1杯。幸先良いスタートです。スルメイカ沖干しその後も多点掛けこそ少ないものの、仕掛けを降ろせばスルメイカが乗り絶好調。ひと流しで5回ほど仕掛けを投入できることもあり、5本ツノのブランコ仕掛けでも着実に数を伸ばしていきます。
昼ごろから風も弱まり、凪てきたので電動直結仕掛けに変更することも考えましたが、すでに十分なスルメイカがキープできたのでそのままブランコ仕掛けで通すことにしました。
午後からも好調に釣れ続け、船上に沖干しが次々に並んでいきます。最高4点掛けもあり、結局スルメイカ36杯にヤリイカ1杯釣ったところで早揚がりになりました。
あとで各船宿のホームページをチェックしてみると強風のため出船中止にした船も多かったようです。
スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

釣行記「夜アナゴ釣り」2007年3月10日

スポンサードリンク



寒い時期の「夜アナゴ釣り」第2弾。鶴見の隠居屋さんの夜釣りは「夜アナゴ」と「夜メバル」の2本立てで出船していますが、今日の夜アナゴ船は片舷3名ほどとかなり空いています。
前回は手持ちの小突き用竿1本と置き竿1本で挑戦しましたが、今回は小突き1本のみ。
置き竿釣法のほうが釣れる場合も多い夜アナゴ釣りですが、やっぱり小突いてアタリを感知し、ガッチリ合わせて釣る方が断然面白いので、1本のみで挑戦。思えば、1本竿で夜アナゴ釣りをするのは船釣りを始めたばかりのころ、キス竿1本で釣行した以来です。(キス竿1本しか持っていなかったので・・・ ちなみに釣果はたった1本と惨敗でした)
定刻の5時30分に出船し、30分ほどで東京湾中の瀬に到着。アンカーを降ろし実釣開始です。
前回1本針のアナゴ仕掛けを使用しましたが、今回は2本針の仕掛けを使用。
エサのアオイソメをたっぷりと付け、仕掛けを投入して小突き始めます。
小突き始めて10分でモゾモゾとしたアタリ。大きく合わせを入れ難なく1本目のアナゴをゲット。アナゴの型は小ぶりですが、とりあえずボウズ脱出したので気が楽になります。
その後も入れ食い状態にはなりませんがポツリポツリと船中でアナゴが上がっている様子。自分も開始から1時間半で3本ゲットし、船は木更津方面に大きく移動。移動直後に小型ながら2本立て続けに釣り上げ、入れ食いタイムに突入かと思いきややはりポツリポツリの釣れ方です。今日は小潮でそろそろ潮止まりの時間帯の割には良いほうかもしれません。
暖かくなってアナゴの食い気が出てきたのか前回釣行時よりも判別しやすいアタリが多く、判別できたアタリの内8割ほどはゲットできました。
アナゴ釣りでは最初のアタリを合わせ損っても、もう一度仕掛けを降ろせば食いついてくることも多いです。
結局、沖上がりの9時半までに前回と同数の7本ゲット。入れ食いも極端な食い渋りもなく、終始同じようなペースで釣れまずまずの結果でした。(前回より小型のアナゴが多かったですが)今日は小突きに徹し、アタリを合わせて釣る「夜アナゴ釣り」の面白さを改めて感じました。

※デジカメを忘れたため今回は画像はありません。

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。