FC2ブログ

東京湾船釣り釣行記

カワハギ・マルイカ・タチウオ・シロギス・メバルなど東京湾の船釣り釣行記と釣魚料理

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣行記「夜アナゴ釣り」2007年4月29日

スポンサードリンク



東京湾奥の各船宿から夜アナゴ乗合いが開始したので羽田の「かみや」から出船。
アナゴ置き竿釣法で実績のある「かみや」オリジナルアナゴテンビンを置き竿にセットし、手持ちのロッドには一般的なアナゴ釣り仕掛けである釣鐘オモリに短ハリスをセット。午後6時木更津沖に向けて出船。
釣り場到着後アンカーが入れられ、アナゴ釣り開始です。まだあたりは明るいですが10分ほどで置き竿にわずかなアタリが到来。大きく合わせて巻き上げると中型のアナゴが掛かっていてひとまずボウズ脱出で一安心。
その後も置き竿で同サイズのアナゴ2本が釣れ、好調に釣果を伸ばすのかと思いきや・・・・
日暮れとともにアタリが激減。小突き竿はおろか置き竿にアタリがありません。
頻繁にエサのアオイソメを新鮮なものに換えてやってみますがアナゴが喰う気配は感じられません。針に掛かるのはブヨブヨ(正式な名前は分からないのでこう呼んでます)と赤い糸のようなアカクラゲの触手のみ。
それでも置き竿の穂先に目をやりながら必死に小突いているとようやく僅かなアタリが到来。ビシッと大きく合わせ、上がってきたのは俗にメソッコといわれる小型穴子でした。本日はじめて手持ち竿に掛かった穴子です。アナゴは置き竿釣法のほうが釣れる場合も多いのですが、やっぱり小突いて釣ったほうが釣ったという実感があります。アタリを取って合わせが決まった瞬間がアナゴ釣りの最も面白い瞬間ですね。
結局このアナゴが最後の1本となってしまい終了。出だしの様子から今日は好調かと思われたのですが、日没後状況が悪化し、結局最後の1時間はアタリすらなく沖揚がりとなってしまいました。
船中16名で0~13本でツ抜けしたのは僅か1名のみで、ほとんどの人が数本という貧果でした。まだ始まったばかりの東京湾夜アナゴ釣り。これからに期待します。
東京湾アナゴ

スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

釣行記「オニカサゴ釣り」2007年4月15日

スポンサードリンク



東京湾奥出船でオニカサゴ釣り乗合いの看板をあげている数少ない船宿浦安「吉久」より初挑戦。浦安船宿吉久午前7時出船で、浦安から釣り場の洲崎沖までたっぷり2時間かかります。釣り場到着後、早速船宿支給のエサ(サバ)を船宿で購入した吉久オリジナルオニカサゴ仕掛けにセットして投入。水深は約100メートル。
船長に教わったとおりに着底後イトフケを取り、50センチほど巻き上げてアタリを待ちます。
開始から30分くらいして船中で数匹中型のオニカサゴが上がってきましたが自分のロッドは無反応です・・・
何回か場所を移動した後、微妙なアタリがきたので電動リールの中速で巻き上げますが、上がってきたのは15センチほどの小型のオニカサゴでした。東京湾オニカサゴ釣り
その後、お昼前に船中あちらこちらで40cm級のオニカサゴが上がり活気づき、自分にもようやく大型と思われるアタリが到来しました。慎重に巻き上げますが、残り15メートルになったところで急に軽くなってしまい痛恨のバラシ。
数十分後再度アタリが到来。しかも強烈な引きです。オニカサゴ釣り初挑戦の自分には大型のオニカサゴの引きがどんなものか分からないため、ひそかに期待しましたが上がってきたのはやっぱりサメでした。(T_T)
残り1時間になったころ小さなアタリで、またもや20センチの小型のオニカサゴです。一応桶に入れて写真だけ撮って毒に気をつけてリリース。
午後2時30分沖上がりの時刻をむかえ、結局釣果はリリースサイズ2匹のみ。初挑戦のオニカサゴ釣りは残念ながらオデコで終わってしまいました・・・大型のオニカサゴは来シーズンまでお預けです。

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。