FC2ブログ

東京湾船釣り釣行記

カワハギ・マルイカ・タチウオ・シロギス・メバルなど東京湾の船釣り釣行記と釣魚料理

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富津海岸潮干狩り 2007年6月17日 番外編

スポンサードリンク



富津海岸に潮干狩りに行ってきました。船釣りではおなじみの富津ですが、今回は陸から魚ではなくアサリを狙います。毎年この時期に木更津に潮干狩りに行っていますが、富津海岸は今回がはじめてです。
潮時表を見ると干潮が12時半ごろなので、2時間前に富津海岸に到着するとすでにものすごい人であふれかえっています。受付で入場料1400円×2名分を支払い、チケットと2キロのアサリが入る網をもらい、潮干狩り場に向かいます。富津海岸も木更津同様、アサリ2キロまでは入場料金に含まれていて、それを超えると1キロ700円で買い取るシステムのようです。

富津海岸潮干狩り


これから潮が引いてくる時間帯なので、まずは一番沖を目指して干潟を歩き、適当なところで堀りはじめると早速小型のアサリが取れました。場所をこまめに移動してみますがどこも中・小型ばかり。富津のアサリは木更津に比べて小型が多いのか、今年は特別小型ばかりなのか?
二人で約2時間半掘って5.5キロのアサリをゲット(下写真)。日差しも強く、暑くなってきたので超過料金を支払い潮干狩り場を退場しました。

富津アサリ


持ち帰ったアサリは、砂抜き用の海水に入れて数時間放置して完全に砂抜きさせます。砂抜き完了後に酒蒸しにして試食。カワハギ釣りのエサに最適な大きさで、食べるには少し小さいですが味は良かったです。
アサリ料理の定番の味噌汁、アサリバター、酒蒸し、ボンゴレビアンコなどしばらくアサリを堪能しました。

アサリ砂抜き

スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

釣行記「マダコ釣り」2007年6月3日

スポンサードリンク



東京湾マダコ釣りが開幕。富津ではすでにはじまっていて絶好調の様子です。
今週からようやく東京湾奥の船宿もマダコ釣りを開始したので、開幕初日にマダコ釣りでは有名な船宿の羽田「かみや」に行きました。
出船1時間前に桟橋に着くとすでに満員御礼状態。今日は2艘出しにできないらしく総勢38名と今までに見たことのない人数での出船となりました。
羽田から1時間ちょっとで竹岡沖に到着。水深約20メートルで開始しますが潮が早いうえにこの人数ではオマツリ多発。おまけにマダコ釣りでは付き物の根がかりもあり、早速新品のテンヤをロスト。
何度目かの流しからようやく船中でポツポツとやや小ぶりながらマダコがあがりました。自分もコツコツとテンヤを小突き続けているとようやくマダコらしき乗りを感じ、大きく合わせを入れて糸をたぐると500グラムの小型ながら1杯釣れてオデコ脱出。その後潮が緩んだため第二海堡に向け15分ほど船を走らせ、お昼前に到着。釣り場到着直前にエンジンにトラブルが発生したらしく続行不可能に。東京湾マダコ釣り自力で走行不可能なため、マゴチ乗合いも早揚がりさせて曳航させるらしいのでエンジンを切って待機します。海堡周辺を漂流しながらひたすら待ちます。
しばらくしてマゴチ船が到着、ロープで引っ張ってもらいゆっくりと帰港。最初の釣り場で運良くマダコが1杯釣れたのでいいようなものの、まだオデコだった方も多数いらした様子でした。
帰港後船宿の方から丁寧なお詫びと割引券をいただき帰路につきました。結局釣果は38名で38杯(0~3杯)午前中のみで、しかもこの人数を考えれば良いほうだったのはないでしょうか?

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。