FC2ブログ

東京湾船釣り釣行記

カワハギ・マルイカ・タチウオ・シロギス・メバルなど東京湾の船釣り釣行記と釣魚料理

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣行記「スルメイカ釣り」2006年7月9日

スポンサードリンク



スルメイカの電動直結釣法にチャレンジしてみたくて、だいぶ前に釣具店で竿を購入、数ヶ月経ってようやく試す時がやってきました。
購入した電動直結竿を持って今回向かうのは、東京羽田の船宿「かみや」さんです。車を多摩川の土手に停め、まずは釣り座を確保するため船に向かい、右舷の後ろから2番目に荷物を置いて出船を待ちます。

イカ釣り


午前7時出船。向かう釣り場は千葉県富浦沖で、到着までキャビンで仮眠を取ることにします。ベタ凪の東京湾を南下し、釣り場に到着するとすでに船団が形成されており、中には沖干しを並べている釣り船も。すぐに開始の合図が出て、期待に胸を膨らませ第1投目。
スルメイカのタナの下まで仕掛けが到達したら、電動リールのレバーを中速にして自動で巻き上げつつ、1メートル巻くごとにシャクリを入れてタナを通過させます。初めての電動直結釣法なので動作がぎこちないけど、何とかそれらしくシャクリ続けます。しかし空振り。次の流しで何名か乗ったようですが、自分は空振り。
何回目かの流しでシャクリを開始したとたん、ズッシリとした重みを感じました。電動直結釣法は、取り込み時に仕掛けを弛ませてしまうと簡単にバラしてしまうらしいので慎重に取り込みます。本日初また電動直結釣法初の獲物はスルメイカの2点掛けでした。
その後、反応が消滅したらしく船団もバラバラに散り、空振りの連発。午後になってもそんな状況は続き、釣れたスルメイカはいまだ2杯のみと寂しいかぎりです。
船長はシビレをきらしたのか、単身で剣崎沖へ移動してみるものの、なかなか反応に遭遇できず止まれません。この時すでに納竿1時間半前。移動は失敗かと思った時、ようやく好反応に遭遇し、久々の乗りがやってきました。
しかも巻き上げ中、どんどん重みが増してきます。慎重に取り込むと6点掛けです。これが噂に聞く電動直結の醍醐味なんですね。その後は空振りの流しもありましたが、再び大きな群れに遭遇。気が付けば他の釣り船も集まって船団が形成され、相当な数の船で一斉にスルメイカの群れを追いかけて、一気に盛り上がってきました。

イカ釣り


最後の1時間弱で7杯ほど追加して納竿を迎えます。結局釣果は15杯で、なんとかお土産確保。しかし、最後の盛り上がりなければ悲惨な結末になるところでした。
今回初挑戦だったスルメイカの「電動直結釣法」は噂通り多点掛けが魅力ですね。また、「電動直結釣法」のメリットであるサバ避けの効果も絶大です。(隣の人はブランコ仕掛けでかなりサバに邪魔されている様子でした)また近いうちに釣行を予定したいと思います。

イカ釣り

スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokyobayfishing.blog71.fc2.com/tb.php/12-266036fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。