FC2ブログ

東京湾船釣り釣行記

カワハギ・マルイカ・タチウオ・シロギス・メバルなど東京湾の船釣り釣行記と釣魚料理

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣行記「ライトアジ」2006年11月3日

スポンサードリンク



数年前に東京湾ライトタックルアジ(通称ライトアジ)が始まって以来、夏から晩秋にかけて必ず数回は釣行していましたが、今年の夏はどういう訳かサッパリ釣れていないため今シーズン初めての釣行。
早くもライトタックルアジ乗合いを終了してしまった船宿もあるくらい夏場はひどい状況でしたが、今頃になってようやく釣れだし、ここ数日はトップ100匹オーバーと本格化。そんな訳で順調に釣れてるうちに早速釣行。
羽田から出船し、ライトタックルアジ釣り場の東京湾中央部「中の瀬」まで30分少々の航程。
タックル以外は通常のビシアジと同じなのでコマセにイワシミンチ、付けエサには食紅で染めたイカタンが配られます。

ライトタックルアジコマセ


釣り場に着くと辺りはブランド魚「松輪のサバ」漁船がビッシリ。それに混ざって釣り船がポツポツといった感じ。
(下写真は松輪のサバ漁船)
松輪サバ船団


サバ船団から少し離れたところでアンカーを降ろし、実釣開始。
水深は30メートル弱。潮が速く、ライトタックル用の30号のビシでは流されて釣り難い状況ですが、船長の指示通り着底後1メートル巻いてコマセを振り、さらに50センチ巻いてアタリを待ちます。
今日は祝日なのでそこそこ人が乗っているためコマセも効き、すぐにアジが寄ってくるだろうと思い、一生懸命コマセを振り続けますが、一向にアタリの気配なし。
この時点で1束(100匹)突破の大漁の可能性は限りなくゼロに・・・
開始から1時間ほどしてようやく16cmほどの小型ですが1匹目を釣り上げ、オデコ脱出。その後、10時過ぎまで全く釣れない厳しい状況でポイント移動。
移動後一投目、海底から1メートル30センチのタナでアタリが到来し、またも小型ですが久しぶりに黄金に輝くアジとご対面。
その後待望の入れ喰いタイムに突入し、タナさえ守ればすぐにアタリが訪れ、一荷を交えて順調に数を増やします。釣れるアジは相変わらずカラ揚げサイズで引き味は物足りないですが、変わりに時折訪れるサバで強い引きを楽しめました。
そんな楽しい入れ喰いタイムもあっという間に終了し、またしても小康状態に突入。たまにポツポツと釣れる程度でポイント移動しても上向く気配は無く終了時間。
結果は17センチ前後のアジ33匹、40センチのサバ4匹と何とかおかずは確保しましたが、前日までの釣果からするとかなり渋い一日でした。

東京湾アジ


天気:晴れ

潮回り:中潮



タックル
ロッドダイワ リーディングXA73Ⅱ
リールダイワ ラシード150L
道糸PEライン1号+先糸フロロカーボン5号1メートル
釣 果
アジ33匹、サバ4匹

スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokyobayfishing.blog71.fc2.com/tb.php/17-29737e3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。