FC2ブログ

東京湾船釣り釣行記

カワハギ・マルイカ・タチウオ・シロギス・メバルなど東京湾の船釣り釣行記と釣魚料理

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣行記「スルメイカ釣り」2007年3月18日

スポンサードリンク



東京湾口のイカ釣りスルメイカを主体にヤリイカが1~2割混じりでここ数日好釣果が出ている様子。
イカ釣りは日によって釣果に波のある釣り物なので過度な期待せずに船宿に向かいます。釣り場の洲崎沖では17メートルの強風が吹き荒れていて出船も微妙な状況でしたが、のちに凪る予報らしく出船決定。
今日は電動直結仕掛けブランコ仕掛けの両方用意してきましたが、間違いなく海が荒れているのでバラシの少ないブランコ仕掛けを投入器にセットして午前7時出船。約1時間半で洲崎沖に到着。予想通り船酔いしそうな高波です。
うねりのため、船長もイカの反応を探すのも一苦労かとおもいきや、すぐに仕掛け投入の合図が出ました。
水深約100メートル。オモリ着底後、糸ふけを取り、ひとシャクリ目でいきなりズッシリとした重みが竿に伝わり、慎重に巻き上げるとニセイカ(中型のスルメイカ)が1杯。幸先良いスタートです。スルメイカ沖干しその後も多点掛けこそ少ないものの、仕掛けを降ろせばスルメイカが乗り絶好調。ひと流しで5回ほど仕掛けを投入できることもあり、5本ツノのブランコ仕掛けでも着実に数を伸ばしていきます。
昼ごろから風も弱まり、凪てきたので電動直結仕掛けに変更することも考えましたが、すでに十分なスルメイカがキープできたのでそのままブランコ仕掛けで通すことにしました。
午後からも好調に釣れ続け、船上に沖干しが次々に並んでいきます。最高4点掛けもあり、結局スルメイカ36杯にヤリイカ1杯釣ったところで早揚がりになりました。
あとで各船宿のホームページをチェックしてみると強風のため出船中止にした船も多かったようです。
スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokyobayfishing.blog71.fc2.com/tb.php/21-499d6263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。