東京湾船釣り釣行記

カワハギ・マルイカ・タチウオ・シロギス・メバルなど東京湾の船釣り釣行記と釣魚料理

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣行記「夜アナゴ釣り」2007年4月29日

スポンサードリンク



東京湾奥の各船宿から夜アナゴ乗合いが開始したので羽田の「かみや」から出船。
アナゴ置き竿釣法で実績のある「かみや」オリジナルアナゴテンビンを置き竿にセットし、手持ちのロッドには一般的なアナゴ釣り仕掛けである釣鐘オモリに短ハリスをセット。午後6時木更津沖に向けて出船。
釣り場到着後アンカーが入れられ、アナゴ釣り開始です。まだあたりは明るいですが10分ほどで置き竿にわずかなアタリが到来。大きく合わせて巻き上げると中型のアナゴが掛かっていてひとまずボウズ脱出で一安心。
その後も置き竿で同サイズのアナゴ2本が釣れ、好調に釣果を伸ばすのかと思いきや・・・・
日暮れとともにアタリが激減。小突き竿はおろか置き竿にアタリがありません。
頻繁にエサのアオイソメを新鮮なものに換えてやってみますがアナゴが喰う気配は感じられません。針に掛かるのはブヨブヨ(正式な名前は分からないのでこう呼んでます)と赤い糸のようなアカクラゲの触手のみ。
それでも置き竿の穂先に目をやりながら必死に小突いているとようやく僅かなアタリが到来。ビシッと大きく合わせ、上がってきたのは俗にメソッコといわれる小型穴子でした。本日はじめて手持ち竿に掛かった穴子です。アナゴは置き竿釣法のほうが釣れる場合も多いのですが、やっぱり小突いて釣ったほうが釣ったという実感があります。アタリを取って合わせが決まった瞬間がアナゴ釣りの最も面白い瞬間ですね。
結局このアナゴが最後の1本となってしまい終了。出だしの様子から今日は好調かと思われたのですが、日没後状況が悪化し、結局最後の1時間はアタリすらなく沖揚がりとなってしまいました。
船中16名で0~13本でツ抜けしたのは僅か1名のみで、ほとんどの人が数本という貧果でした。まだ始まったばかりの東京湾夜アナゴ釣り。これからに期待します。
東京湾アナゴ

スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokyobayfishing.blog71.fc2.com/tb.php/23-cd006a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。