FC2ブログ

東京湾船釣り釣行記

カワハギ・マルイカ・タチウオ・シロギス・メバルなど東京湾の船釣り釣行記と釣魚料理

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スルメイカ電動直結釣法 2007年7月1日

スポンサードリンク



東京湾口でムギイカ・スルメイカが好調の様子。まだ経験の浅い電動直結釣法の勉強がてら、都内の船宿ではめずらしいイカ釣り乗合いを周年出している羽田の「かみや」から出船。
仕掛けは去年浅草釣具で買った、最近主流?らしいラッキョウヅノにガス糸を巻いた8本の直結仕掛けで挑戦しました。(写真下)

スルメイカ電動直結仕掛け


電動直結釣法には最適なベタ凪の東京湾を南下。1時間ほどでエンジンがスローダウン。
前日の帰り際に盛り上がったらしい金谷沖からスルメイカの反応を捜索開始しましたが、反応が少なくそのまま富浦沖へ移動。
本日最初の仕掛け投入。オモリ着底後、電動リールのスイッチをオン。中速で巻きつつ、竿を上下に動かします。こちらも反応は少ないらしく誰も釣れていない様子。
しばらくしてようやく船中でムギイカサイズが何杯か釣れ出し、自分のロッドにもスルメイカ独特の乗りが到来。なれない電動直結釣法のため仕掛けを緩めないよう慎重に巻き上げ、なんとかバラさずに1杯ゲット。群れが小さいのか周りの人も1杯づつの単発な乗りなので、今日は電動直結よりもブランコ仕掛けに分がある感じ。一瞬ブランコ仕掛けにチェンジすることも考えましたが、今日は直結釣法の練習なのでそのまま通すことにしました。
その後は空振り・空振りの連続で剣崎沖へと移動。
剣崎沖も反応は少なめの中、ようやく多点掛け(といってもたったの2杯だけですが・・・)も交えて3杯ゲット。しかし、あっという間に群れが散ったのか、またしても空振りの連続が続き、再び金谷沖へ移動。
前日同様帰り際の盛り上がりを期待しましたが、潮が濁っているためか船中数杯あがっただけで納竿。結局本日の釣果は20~25センチのムギイカサイズ4杯という貧果に終わりました。
今回は電動直結の醍醐味である6杯・7杯・・・という多点掛けは味わえなかったので次回に期待。釣果は残念な結果でしたが、直結仕掛けの一連の動作(投入・さそい・取り込み・仕掛けさばきなど)は慣れてきました。

ムギイカ

スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokyobayfishing.blog71.fc2.com/tb.php/26-6ecfb700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。