東京湾船釣り釣行記

カワハギ・マルイカ・タチウオ・シロギス・メバルなど東京湾の船釣り釣行記と釣魚料理

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜アナゴ釣り 2007年11月11日

スポンサードリンク



夜アナゴ釣りが鶴見の隠居屋で再開されたので早速釣行。東京湾夜アナゴ釣りと言えば通常夏の夜の釣りで、この時期に出船している船宿は隠居屋さんのみ。
雨が降ったり止んだりの悪天候の中、夕方5時20分出船。鶴見川を下り、40分ほどで釣り場の東京湾中央部の中の瀬に到着。アンカーが降ろされ実釣開始。1本竿に隠居屋独特のアナゴ仕掛けにエサのアオイソメを付け、仕掛けを投入。
大潮で潮が速く、道糸が艫(船尾)の方向に流されながら着底し、オモリが海底から浮かない程度に小さく小突きます。すると早速アナゴのアタリ到来。大きくあわせを入れ、小型ながら1本目ゲット。
再度仕掛けを投入し、1分ほどで再度アタリ。またしても小型ですが、幸先の良い滑り出しです。
そしてあっという間にツ抜け(10本)達成。その後も順調すぎる釣れっぷりで20本ほど釣り、潮止まりで一時喰いが落ちましたが、収竿1時間前位から今までアナゴ釣りで経験したことのない入れ喰い状態に突入。仕掛けを下ろせばすぐに魚信到来。まさに爆釣。俗にメソっ子と言われる小型主体なので引きはあまり強くありませんが、入れ食いはなんとも気分最高です。
まだまだ釣れ続けていましたが、午後9時半収竿。釣果は41本で自己新記録達成。ここ数年夜アナゴ釣りには何度と通っていますが、釣果はほとんど一桁、良くて15本ほどでした。それも2・3本竿を出しての釣果なので今日の1本竿で41本は初めての経験です。
船宿の店先で釣れた穴子を捌いてもらい、雨の中気分上々で帰宅しました。
(通常船上で船長が捌いてくれますが、ここ隠居屋さんでは下船後釣れたアナゴを店先で捌いています)
下写真は捌いた後の穴子と骨です。夏場に比べて多少脂は少ないですが、身は柔らかく美味しいアナゴでした。

アナゴ背開き





スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokyobayfishing.blog71.fc2.com/tb.php/30-fb951d15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。