東京湾船釣り釣行記

カワハギ・マルイカ・タチウオ・シロギス・メバルなど東京湾の船釣り釣行記と釣魚料理

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルイカの刺身

スポンサードリンク


釣ったマルイカ。
釣りから帰ってきて道具の片付けもしないうちに定番のイカ刺しにしました。
釣りたてのイカといえばやはり透き通る身の刺身でしょう。
こんな透明なイカ刺しが家で食べられるのは、まさに釣り人の特権です。
スルメイカやヤリイカなら生け簀のある料理屋で食べられますが、マルイカはお店で見たことがありません。
船上で捌いてその場で食べればもっと透明なのかも知れませんが、帰宅後でも十分身には透明感はあります。
↓お皿の絵柄が透けて見えます。
マルイカ刺身

醤油をちょこっと付けて食べると最高!マルイカは、イカの中でもっとも甘みのあるといわれるだけあって、噛みしめるほど口の中に甘さが充満してきます。やはり新鮮な素材はシンプルな料理が一番です。

イカ類は魚と違って鱗が無いため捌くのも楽です。
足の付け根に指を入れて引っ張って足と内蔵を胴体から離します。
次にエンペラをつかんで引っ張っぱり、皮を剥がします。剥がしきれす身に残った皮はキッチンペーパーでつまめば簡単に剥がれます。
表皮を剥がした身には薄皮があるので、これもキッチンペーパーでつまみながら剥がせます。
筒状になった身に付いた透明なプラスチックのような骨を引っこ抜き、内蔵の残りも取り除きます。
ここまで終わったらあとはお好みの幅に切るだけ。
普通はイカの繊維(筋肉)を切って食感をよくするために縦方向に包丁を入れますが、釣りたてのイカはまだ筋肉が生きているので筋肉に沿って横方向に包丁を入れたほうがいいそうです。
エンペラやゲソも適当な大きさに切ります。
吸盤が手に張り付いて切りにくい点は、釣りたて新鮮なイカならでは。
吸盤は口の中にも張り付くので注意して食べましょう!!


スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokyobayfishing.blog71.fc2.com/tb.php/4-0a53d27e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。